広島県縮景園梅の実収穫行事
広島県縮景園梅の実収穫行事は1982年から続く行事で、広島平和ライオンズクラブは1983年から協賛しています。

広島県縮景園内の梅林になる梅の実の収穫を、広島中央特別支援学校、広島学園の生徒さんの校外学習のひとつとして実施しています。


2020年の梅の実収穫作業は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、広島平和ライオンズクラブ会員で梅の実を収穫し、特別支援学校と広島学園にお届けしました。
  
広島県縮景園梅の実収穫行事
   
日  時/ 2019年5月23日(木) 10:30-14:00
場  所/ 広島県縮景園 梅林(樹齢約50年の梅の木115本)
参加校/ 広島県立広島中央特別支援学校、広島県立広島学園
日  程/ @梅の実収穫 A昼食会 B園内散策 C広島県立美術館美術鑑賞(雨天の場合は適宜)
    
開会式
開会式
会長あいさつ
会長あいさつ
梅の実収穫の始まり
梅の実収穫の始まり
とても良いお天気です
とても良いお天気です
収穫のお手伝いをします
収穫のお手伝いをします
かごいっぱいの梅
かごいっぱいの梅
広島中央特別支援学校の
生徒さんから
お手紙をたくさん
いただきました
《小学部二年生の生徒さんのお手紙から抜粋》

梅もぎがありました。
朝、おばちゃんが「晴れじゃねぇ。」って言いました。

縮景園に行くからバスで行きました。バスは長かったです。バスからおりました。草の中でお話を聞きました。お話がすみました。

お姉さんが来ました。一緒に梅もぎしました。梅をぶちっととりました。大きい梅をとりました。カゴに入れました。
右にも左にもいっぱい梅が落ちていました。カゴに梅を重たいぐらい入れました。すごーくたくさん入れました。
おじちゃんやお兄ちゃんが抱っこしてくれました。みんなが「高い」って言ってくれました。

盲学校(特別支援学校)に帰りました。梅は青いからたべられんかったです。カバンに入れて持って帰りました。お父さんに梅を見せてあげました。
お父さんは、「おー、すごい。」って言いました。うれしかったです。
梅もぎは楽しかったです。また行きたいです。


このページのトップにもどる
Copyright © 2009 HIROSHIMA HEIWA LIONS CLUB All Rights Reserved.
広島平和ライオンズクラブ